紀南地域に見られる季節の植物(1月)

3月の植物はこちら
2月の植物はこちら
12月の植物はこちら
11月の植物はこちら
10月の植物はこちら
9月の植物はこちら
8月の植物はこちら
7月の植物はこちら
6月の植物はこちら
5月の植物はこちら
4月の植物はこちら

news 2012.1.31

ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)

 高い所に小さな赤い実が下がっています。

これはヒヨドリジョウゴですね。

透明感のあるガラス玉のように美しい実ですが、残念なことにアップにしてもこれが限界です。(緑の葉はイボタの木です。)
小さな丸いナスのような形です。

名は、ヒヨドリが果実を好んで食べることによる。とありますが  
「毒草」だったはず・・・・ヒヨドリには効かないのか―?

また、ヒヨドリジョウゴとは、ヒヨドリが遊び戯れるという意味だとか、
熟した果実にヒヨドリが群がって食べる様子が、酒に酔った人たちが騒ぐ様子に似ている
というのが名前の由来ともありますが、思わず民話っぽい絵が浮かんでしまいニヤニヤしてしまいました。

でもやはり、実際食べられてないのでしょう。残っていて冬枯れで何も無くなるころ目立つので見つけられます。

(尾崎)

news 2012.1.27

シロダモ

 アオキの実だと思って撮影したのですが、
ちょっと手が届かないところにあったのでよく見てませんでした。
帰って画像を見てみると、なんか葉が違う。クスノキのようだし、枝に節が無い。

これは違うと思い調べてみました
シロダモのようです。

 

海岸に近いところに多いとのことです。二木島の海岸沿いの雑木林のなかにありました。
種からはろうそく用の蝋が採れるそうですよ。

 

葉の裏が白いことからシロダモですがタモは不明。

光沢のある緑の葉と珊瑚のような赤い実の対比が美しいです。

(尾崎)

news 2012.1.24

フユイチゴ(冬苺/寒苺)

 山に彩りがなくなったころ、山道の脇や杉林の余り日が当たらないちょっと湿ったようなところでルビーのような赤い実をつけています。

 

子供の頃、このちいさな実の大きな粒をみつけるのが楽しみでした
甘酸っぱくて、けっこう美味しいですよ

7,8年前だったか花屋さんで鉢植えにしたものを見かけたことがありました。
時期的なものと葉の形がハート型だからか「バレンタインベリー」とか名付けられていたように思います。
純和風なフユイチゴにずいぶんハイカラな名前が付きましたね〜。

定着しなかったのかその後見かけることがありません。
葉もかわいい形をしているし花も実もあるので観賞価値は十分あると思ったんですけどね〜(まぁ山にあるのが一番美しいのですが)。
野放図に伸びすぎるので鉢に向かないのか。それとも、こちらはごく普通に山にあるから売り物にならないから置いてないのか。

         

                                  ↑イクラのようにもみえる(笑)
果実は冬に見られるのでフユイチゴの名がつきました。
また、寒に入るころ赤くなることから(実際は11月ごろから見かけます)別名「カンイチゴ」とも言うそうです。
(尾崎)

news 2012.1.14

センリョウ(千両)

 お正月の生け花と言えばこの実がかかせません。

熊野では少し山の中に入れば見ることができます。
結構、直射日光が入らない明るい杉林や雑木林の中にあります。

冬の寒々とした無彩色に見える(緑はあるのですが・・・)木々の中に真っ赤な実が映えています。

 

↑わりと日が当たる場所のセンリョウ               ↑日が射さない場所のセンリョウ
  黄味がかっています                        深い緑で赤い実との対比が美しいです。

名前がめでたいということでマンリョウ(万両)などとともに正月の縁起物とされていますが・・・
何の価値が、千両, 万両なのかというと ・・・・・

 ↑マンリョウ                             ↑ 白い実のマンリョウ

万両の実は垂れ下がり、千両は上向きにつくので、万両の実は重く千両の実は軽い、
とのことでこれらの名になったのだそうです

百両は見かけないのですが(実の少ない万両だと思っているかも)ヤブコウジのことを十両ともいうそうですね。

 

↑ヤブコウジ(十両)

百両、十両は千、万に比べ背が低く、実の数も少ないからことから名づけられたようです。

(尾崎)


3月の植物はこちら
2月の植物はこちら
12月の植物はこちら
11月の植物はこちら
10月の植物はこちら
9月の植物はこちら
8月の植物はこちら
7月の植物はこちら
6月の植物はこちら
5月の植物はこちら
4月の植物はこちら

三重・紀南
エコツーリズム
通信
三重・紀南
エコツーリズム

Web通信
常設ツアー
熊野川・北山川
カヌーツーリング
常設ツアー
熊野川町嶋津の
山歩き
木本 街歩き
地域の方による街案内
紀南ツアーデザイン
センター

ご連絡ください
季節植物
日記
神仏あれこれ
熊野
facebook