紀南地域に見られる季節の植物(11月)

3月の植物はこちら
2月の植物はこちら
1月の植物はこちら
12月の植物はこちら
10月の植物はこちら
9月の植物はこちら
8月の植物はこちら
7月の植物はこちら
6月の植物はこちら
5月の植物はこちら
4月の植物はこちら

news 2011.11.30

ノコンギク(野紺菊)

 花はヨメナとよく似ているのでなかなか区別がつかないのですが、
私はだいたい見た感じで区別します(笑)。

 

ノコンギクはヨメナに比べて花茎が上のほうで(花に近いところ)で分かれて花が隙間無く固まりで咲いている感じとでも言いましょうか。 
色も少し薄く白に近いです。
10月の「ヨメナ」と比べてみて下さい。

 

他に区別するには、ヨメナの葉はほとんど無毛なのに対して、ノコンギクは細かい毛があります。もっと確実に判断するには、種子の冠毛を見るといいそうです。ヨメナは全くないようなので、花が終わりブラシのような綿毛がついているのはノコンギクということになりますね。

 

名前は野に咲く紺色の菊という意味らしいのですが紺色というより白に近い薄紫です。

(尾崎)

news 2011.11.21

ツワブキ(石蕗)

 今、あちこちで咲き乱れています。
濃い緑の艶のある葉にひときわ鮮やかな黄色の花に目を奪われます。

 

これは波田須でスタッフKが撮影してくれたものです。          殺風景な石垣にも彩りを添えています。

 

↑株によって花の形が少しづつ違います。これは細い花びらで楚々とした雰囲気です。

              

これは紀宝町の山の中。ちょっと大株なので花びらも少し幅広く花付きもゴージャスです。

山の中と海側でも花の形は違ってくるのでしょうね

名は、光沢のある美しいフキに似た形の葉をもつことからです。
一部地域ではツヤブキとよんでます。

子供の頃、できものが出来るとツヤの葉を焙り揉んでデキモノに貼り付け、膿の吸出しに使ってました。
よく効きましたよ〜。

フキと同様に食用になります。
佃煮のきゃらぶきはツワブキからつくります。フキより固めというかしっかりしているのが佃煮に向いているのでしょう。

(尾崎)

news 2011.11.16

シロヨメナ(白嫁菜)

 この時期、いたるところにキク科の植物が見られます。
通勤路の車窓から目につくものでもヨメナ、シロヨメナ、ノコンギク、リュウノギク、ツワブキ。
さすが秋を代表する花です。

 

シロヨメナです。ノギクの中でも小さ目の花が固まって咲いています。

                

アップにすると花はヨメナに似ていますが、花の大きさはヨメナより70〜80%縮小。小さくてかわいいです。

シロヨメナはヨメナと似ているからつけられた名前だそうですが、ヨメナ属ではなくシオン属なのでどちらかというとノコンギクに近いそうです(まぎらわしい)。素直に白野紺ギクにすると白なのに紺はこれはこれでまぎらわしい(笑)

(尾崎)

news 2011.11.14

アキチョウジ(秋丁子)

 杉林や谷筋のわりと日が当たらない場所できれいに咲いています。

 

野草はひとつひとつは目立たない花が多いのですが群生するので山野の緑の中では思いっきり目を引きます。

やはり秋らしい涼やかな青紫の花です。

                  

秋に花が咲き、花の形が丁子に似ていることからつけられた。まんまですね

(尾崎)

news 2011.11.11

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)

 野原に黄色の固まりが目立っています。

セイタカアワダチソウです。
北アメリカ原産の帰化植物で、もともとは観賞用に導入されたようです。

 

一時、花粉アレルギーをおこす植物と騒がれ有名になった植物ですが、
セイタカアワダチソウはミツバチなどの昆虫によって媒介させる虫媒花で
花粉を風に乗せてばらまく風媒花ではないので、花粉が空気中を漂うことはなく、
花粉アレルギーをおこすとは考えにくいそうです。

また、一部で同時期に増えた帰化植物で本当に花粉アレルギーを起こす「ブタクサ」と混同されていることも、
誤解を招いたのかもしれません。
見た目は全然違うのにどうして混同されたのでしょうね。
アワダチソウが、色といい花の固まりといい、いかにも花粉を飛ばしそうに見えたからでしょうか(笑)
 

名まえは、アキノキリンソウ(アワダチソウ)に似ていて草丈が高いことから。

それにしても、最近見るセイタカアワダチソウは昔より随分小振りになっていると思っていたら
この植物のもつ面白い特徴にがあり、他の種の生育を妨げる物質を出しますが、
この物質が土に溜まり過ぎるとセイタカアワダチソウ自身の成長も抑制されるそうです。

それで、近ごろは花生けに使えるほどかわいらしいセイタカアワダチソウをよく見かけるようになったのですね

(尾崎)


3月の植物はこちら
2月の植物はこちら
1月の植物はこちら
12月の植物はこちら
10月の植物はこちら
9月の植物はこちら
8月の植物はこちら
7月の植物はこちら
6月の植物はこちら
5月の植物はこちら
4月の植物はこちら

三重・紀南
エコツーリズム
通信
三重・紀南
エコツーリズム

Web通信
常設ツアー
熊野川・北山川
カヌーツーリング
常設ツアー
熊野川町嶋津の
山歩き
木本 街歩き
地域の方による街案内
紀南ツアーデザイン
センター

ご連絡ください
季節植物
日記
神仏あれこれ
熊野
facebook