紀南地域に見られる季節の植物(6月)

3月の植物はこちら
2月の植物はこちら
1月の植物はこちら
12月の植物はこちら
11月の植物はこちら
10月の植物はこちら
9月の植物はこちら
8月の植物はこちら
7月の植物はこちら
5月の植物はこちら
4月の植物はこちら

news 2011.6.30

チガヤ

 御浜町の県道脇にまだ残っていました。チガヤです。
今年はなかなか気温が上がらなかったので、長く楽しめたように思います。

風に運ばれる前のふわふわの綿毛の状態。

 

 

「チガヤ」は群生する様から千(1000)の茅(かや)、葉が紅葉するので血茅(チガヤ)とかいうそうです。
「ツバナ」「ツンバナ」ともいわれるそうですが、どう伝わったのか、子供の頃は「ツンバラ」とよんでいたように思います。
春先のまだ穂先が外に出る前の若い穂は葉鞘に包まれているのですが、噛むと甘いので、それを取り出して食べていた記憶があります。調べてみるとサトウキビとも近縁で、糖分を蓄える性質があり、薬効もあるとのことです。

(尾崎)

news 2011.6.29

合歓木(ネムノキ)

 紀宝町相野谷川流域を帰宅途中、ぽわ〜んとした薄ピンクの花が浮かんでました。

 

日没前に開花するので、日が蔭る頃になると浮かび上がる繊細で儚げな花です。

 

名のネム、ネブは、夜になると葉が閉じること(就眠運動)から。
葉が閉じて眠りだすと花が起き出すのですね〜。

実がならないと分からないのですが、マメ科です。花がマメ科の花と全然違います(ミモザも)。

(尾崎)

news 2011.6.25

山紫陽花(ヤマアジサイ)

 谷川の近くでよく見かけます。緑の中に素朴で涼やかな美しさが目引きます。
青や紫、ピンク、雨に濡れると花の色がいっそうひきたてられています。

 

 

 

山紫陽花をよく見てください。
それぞれ、株によって花びらにみえる『がくへん』の形や数、色が違います。
生えている土によっても色が変わってきます。山で見かけたら観察してみてください

(尾崎)

news 2011.6.23

泡盛升麻(アワモリショウマ)

 ツアーの下見に行ったとき、ちょうど咲き始めていました。

 

谷川の岩場でよく見かけます。アップで見るとかわいらしい小さな花が寄り集まっています。
これが泡を盛ったようにみえることから泡盛升麻。

日本の原産種で、園芸店に流通するアスチルベはアワモリショウマなどの原種を元にヨーロッパで改良されたものだそうです。同じくギボウシや、ヤマユリも改良されてたくさん出回っていますね。

(尾崎)

news 2011.6.21

十薬(ジュウヤク)

 緑の地に白い小花の絨毯。ちょっとニオイが難点ですが(笑)

 

ドクダミです。



よくみると、かわいらしい十文字の花(ホントは葉に近い性質をもった苞と呼ばれるもの)に黄色い花穂のアクセント。

熊野では一般的にジュウヤク(十薬)と呼ばれてます。
正確には開花期に根ごと採取し、日干しにした生薬が「十薬」ですね。10種類の薬効を有しているから「十薬」というそうです。
昔から身体に良いということで煎じてお茶代わりに飲んでました。ニオイが独特でニガテな人も多いようですが冷やすと飲みやすくなります。
ほんのり甘みもあるので慣れて来るとけっこうクセになるんですよ。

(尾崎)

news 2011.6.12

ササユリ

 この斜面いっぱいの自生地は個人で保護されているところです。

ササユリは三重県のレッドデーターブック希少種に指定されています。

昭和40年代頃までは当たり前のように今頃の時期になると山裾や山道、家の裏山など集落の周辺で多数見られ、花摘みに行っても両手いっぱいに抱えきれないほど摘めたそうです。
それが今では、宅地開発や造成、ゴルフ場建設などで主だった群生地は次々と姿を消しました。
里山の崩壊、イノシシの食害等もあげられ生育環境は悪化の一途をたどっています。

人の手による乱獲も問題です。
この前も隣町の方が、自生地だった自分の土地で大事に保護し、育てていたものを、蕾のうちにごっそりと盗られてしまいました。
ササユリは花が咲くまで数年を有します。花が咲くのを楽しみにされていたのに、ことわりもなしに勝手に採っていくのには怒りを覚えます。

 

↑葉がササの葉に似ているので「笹百合」 

公的保護区域内や個人保護所有地でしか群生が見られなくなったのは残念ですが、ササユリが群生する様はそれはみごとです。
自生地を訪ねられたら、白から淡紅色の気品ある美しい花姿と素晴しい香りを楽しんでください


(尾崎)

news 2011.6.10

マタタビ

 遠くから見ると、まるで花のようにみえる白い葉。梅雨の時期、谷間でよく見かけます。

花をつける蔓の先端部が花期に白化し、葉陰に隠れた小さな花に代わって花粉を運ぶ虫を誘き寄せているそうです。

 

↑白く変化した葉が混じるマタタビの葉

 葉の陰の小さな花

↑葉の茎が赤いのも特徴です

猫科の動物が好むことで有名です。うちの猫も夢中になって若い蔓や葉っぱにすりついてかじります。

マタタビという名前は、疲れた旅人が、マタタビの果実を食べたところ再び旅を続けることが出来るようになった「又旅」から名付けられたとの説があります。虫こぶのある果実や茎が古くから漢方薬や民間薬に使われています。

(尾崎)

news 2011.6.9

ヤマボウシ

 熊野では5月中旬位から6月下旬にかけて、山の谷筋や岸辺などに花が咲いているのが見られます。水場に近いところに生えますが、水はけの良い場所を好むようです。

 

 ↑大又川の岸辺のヤマボウシ                    ↑ 山の中に咲いていたヤマボウシ

 最近は街路樹としてもよく植えられています。

 この時期に北山川をカヌーや川舟に乗って川面から山の方を見上げると、緑の中に真っ白なヤマボウシの花が咲いているのがよく目立ちます。

(宮本)

news 2011.6.5

【香りの蔓】

定家蔓(テイカカズラ)

 道路わきの斜面を見上げるとテイカカズラの少しクリームがかった小さな花がなだれ落ちてきそうです。

 

 

テイカは鎌倉時代初期の歌人、藤原定家のことです。藤原定家が愛する人を忘れられず、カズラに変わってその人の墓に絡みついたというお話からきています。可愛らしい姿と甘い香りに似つかわしくない、女性からするとちょっとコワイ話ですね。

吸い蔓(スイカズラ)

 これはさらに甘い良い香りを漂わせています。花を口にくわえて、甘い蜜を吸うことから「吸い蔓」。

咲き始めは白い花ですが日がたつとクリーム色になり、同じ蔓に2色の色が混ざっているため金銀花(きんぎんか)とも呼ばれるそうです。

 

(尾崎)

news 2011.6.1

空木(うつぎ)

 今、あたりを見渡せばどこもかもウツギの花が咲き零れています。空木は書いて字の如く枝の中が空洞になっていることから名付けられたそうです。

また、卯月(旧暦4月)に咲くことから、「卯の花」ともよばれます。今年はいつまでも寒さがぶり返すので、例年より遅いこの時期に咲き始めました。

 

“空木”といえば、この花のことです!

(尾崎)


3月の植物はこちら
2月の植物はこちら
1月の植物はこちら
12月の植物はこちら
11月の植物はこちら
10月の植物はこちら
9月の植物はこちら
8月の植物はこちら
7月の植物はこちら
5月の植物はこちら
4月の植物はこちら

三重・紀南
エコツーリズム
通信
三重・紀南
エコツーリズム
Web通信