紀南ツアーデザインセンターは、紀南を旅する方のビジターセンターです。

そのために、次の役割をもっています。

●紀南の自然と文化に触れる講座、ツアーを企画します。
●紀南の旅とくらしの情報を提供します。
●休憩・学習・買い物をお楽しみいただけます。
●町づくり・地域づくり活動の拠点としてもお使いください。

熊野古道を歩かれる方、紀南を旅される方、紀南のくらしをもっと楽しみたい方は、是非ご利用ください。明治20年建築の古い民家を利用していますので、建物を見ることも楽しみの一つです。

この建物は、明治時代に木本(現熊野市)を代表する林業家の一人であった初代奥川吉三郎氏が私邸として建築したものです。木本の伝統的な建築様式をほぼ建築当時のままとどめている、貴重な建物です。現当主の4代目奥川吉三郎氏が、集客交流の拠点として活用させていただきたいという要望に応え、地域に寄贈されました。現在は熊野市が所有し、紀南地域振興公社が紀南ツアーデザインセンターとして運営管理しています。

建物について  
玄関

玄関の引き戸と窓の格子が、商家らしさを感じさせます。

土塀

座敷の奥には土塀に囲まれた庭が見えます。

座敷

襖で田の字に仕切られた座敷。TDCでは会合や講演会、音楽会などに使います。

廊下

座敷と庭をつなぐ櫻材の廊下。深い庇とあいまって、ゆったりとした格別の空間を作ります。

庭石と石燈籠の深い苔が、建物の歴史を語っています。

奥川吉三郎

初代奥川吉三郎氏は天保3年に生まれ、大正元年に亡くなりました。一代で木本を代表する林業家になる実業家でした。

欄間

彫りが美しい欄間です。職人の息づかいが聞こえてきそうです。

かまど

四連のかまど。毎日このかまどでお茶を炒り、お湯を沸かしてお茶をお入れしています。

格子

窓には瀟洒なデザインの格子があります。外とゆるやかに区切られた空間を作ります。

階段

箱階段で二階へ上がります。


〒519−4323
三重県熊野市木本町517番地の1
電話     0597−85−2001
ファックス  0597−89-3210
eメール   kinan-tdc@nifty.com
ホームページ http://homepage3.nifty.com/kinan-tdc/

営業時間  9:00〜17:00
どなた様も、ご自由にお入りいただけます。


三重・紀南
エコツーリズム
通信
三重・紀南
エコツーリズム

Web通信
常設ツアー
熊野川・北山川
カヌーツーリング
常設ツアー
熊野川町嶋津の
山歩き
木本 街歩き
地域の方による街案内
紀南ツアーデザイン
センター

ご連絡ください
季節植物
日記
神仏あれこれ
熊野
facebook