熊野を楽しむ達人の会

紀南ツアーデザインセンターでは、通常のモデルツアーの実施に加えて、新たに「熊野を楽しむ達人の会」を作ることになりました。これは熊野らしさや熊野の魅力の本質により深く触れることを希望している方々に対して、その目的意識を共有した活動の場所として旅や講座を実施しようというものです。

入会について 詳しくはこちら⇒

「熊野を楽しむ達人の会」過去のツアーはこちら⇒

実施日
平成19年12月15日(土)
申込状況
終了
ツアー名
『あなたに見せたい熊野 その2』
〜熊野岩峰トレイル〜
主催者
熊野を楽しむ達人の会
内容 この冬、熊野の山々が一望できる、地元の方でもあまり行くことのない特別な場所へのご案内です。「本当は秘密にしておきたい・・・でも見せたい」とガイドが語る、とっておきの熊野です。

コースは熊野古道風伝峠から険しい山中へと分け入り、標高400mから600mあたりの岩場の多い尾根道を進み、熊野古道通り峠へと至る健脚向けトレッキングです。

道中の岩場からは、尾呂志集落(三重県御浜町)や丸山千枚田(三重県熊野市紀和町)が眼下に見えます。また天気が良ければ、一族山、子ノ泊山をはじめとする周辺の山々と、遠くは玉置山(奈良県十津川村)、烏帽子山(通称:那智烏帽子)、和歌山県中辺路周辺の峰々と熊野灘を望むことができます。熊野を楽しめる絶景があなたを待っています。ご参加をお待ちしております。

詳しい案内書はこちら⇒

■実施日
 12月15日(土) 延期の場合は12月17日(月)
■集合
 さぎりの里駐車場(三重県南牟婁郡御浜町尾呂志 国道311号沿い)
■行程
 
8:00 さぎりの里集合、ミーティング、出発地点へ移動
 
8:30 風伝峠から山中へ歩行開始
12:00 昼食
12:30 山中歩行開始
13:30 丸山千枚田展望台着
14:00 通り峠登り口着、ミーティング
14:30 出発地点へ移動後、解散  (多少時間が前後することがあります)

■募集人数
 10名様 
(お申し込み多数の場合は、12月8日(土)に抽選で決めさせていただきます。お二人以上で一緒に参加ご希望の場合は、グループで一人として抽選します。)

■お申し込み締切り
 12月7日(金)必着
■参加費
 
2,000円(ガイド料、国内旅行保険代などを含みます。)
■持ち物
 昼食、飲み物、雨具などハイキングに必要なものを各自ご用意ください。
■ガイド
 山川治雄氏(三重県熊野市)、
中村 稔氏(三重県熊野市)
■ご注意
 
道のない山林、岩の多い尾根道などを歩きます。すべりにくい靴を履いて、スリップしたり転落したりしないように各自注意が必要です。また、急な登りや下りがありますので、健脚の方がご参加ください。

 
この企画は会員制の「熊野を楽しむ達人の会」規約に基づき、参加者が自己責任において任意で参加していただくものです。ガイドが安全確保しながら同行いたしますが、万一の事故には加入していただく国内旅行保険の範囲内で対処することにご同意の上、お申し込みください。

◇お申し込み方法
 この講座は「熊野を楽しむ達人の会」の会員のためのプログラムです。
 【会員の方】注意事項などをご確認の上、事務局まで郵便、ファックスまたはEメールで参加をお申し込みください。お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
 【会員でない方】「熊野を楽しむ達人の会」の会員登録が必要です。詳しくは事務局までお問い合わせください。

お申込方法 @メール
kinan-tdc@nifty.com
A電話0597-85-2001
Bファックス0597-89-3210
結果 結果を見る

実施日
平成19年12月8日(土)
申込状況
終了
ツアー名
『木は語る』
〜あふれる生命力の不思議〜
主催者
熊野を楽しむ達人の会
内容 熊野の奥深い山を歩いているとき、また里山など私たちの身近なところでも、姿が個性的で存在感のある木に出会い、言葉を失うほど圧倒されることがあります。

今回は熊野の山を愛する林業家の鈴木さんが出会い「すごいなあ。よう頑張っとるなあ!」、「この木は何を考えとんのや?」と思った個性的で生命力に満ちた熊野市飛鳥町小又に生きる5本の木に会いに行きます。

山の斜面にある一枚岩の上で根を四方に伸ばし、異様な体型で岩に張り付く様にして生きている杉の木があります。また樹皮を剥がされたその上部から根を下ろし、地上まで届いているだけでなく複雑に枝を伸ばした奇怪な形の木があります。

私たち人間とは比べものにならない年月を風雨に耐え、成長し生き抜いてきたこれらの木は「生きていくぞ!」という気迫がひしひしと伝わり、威厳が感じられます。木の生命力の不思議さを感じる時間を鈴木さんと共に過ごしてみましょう。

詳しい案内書はこちら⇒

■実施日
 12月8日(土) 雨天の場合は翌12月9日(日)に延期します(12月9日のみ)
■集合
 道の駅 鬼の国(三重県熊野市飛鳥町大又  コンビニ前の駐車場)
■行程
 8:30 道の駅 鬼の国集合、オリエンテーション
 
8:45 飛鳥町小又地区に移動
 
9:00 小又を流れる川岸にある杉の木を見学後、他の木を見ながら移動します。
12:00 昼食
12:40 山の中を歩行し、杉を見学します。(2ヶ所)
15:00 ミーティング後、解散
     (歩く速度などにより、多少時間が前後することがあります。)
■募集人数
 10名様 
(お申し込み多数の場合は、12月2日(日)に抽選で決めさせていただきます。お二人以上で一緒に参加ご希望の場合は、グループで一人として抽選します。)

■お申し込み締切り
 12月1日(土)必着
■参加費
 
1,500円(ガイド料、国内旅行保険代などを含みます。)
■持ち物、準備
 
昼食、飲み物、登山靴または地下足袋、軍手(手袋)、雨具など各自必要なものをご準備してください。
■ガイド
 鈴木祥嗣氏(三重県熊野市新鹿町)
■ご注意
 
林道は各自が自動車で移動します。工事用のトラックなどと対向することがありますので、運転には十分気をつけてください。また、荒れた山道を歩きますので、山歩きをしたことの無い方はご遠慮ください。

この企画は会員制の「熊野を楽しむ達人の会」規約に基づき、参加者が自己責任において任意で参加していただくものです。ガイドが安全確保しながら同行いたしますが、万一の事故には加入していただく国内旅行保険の範囲内で対処することにご同意の上、お申し込みください。

◇お申し込み方法
 この講座は「熊野を楽しむ達人の会」の会員のためのプログラムです。
 【会員の方】注意事項などをご確認の上、事務局まで郵便、ファックスまたはEメールで参加をお申し込みください。お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
 【会員でない方】「熊野を楽しむ達人の会」の会員登録が必要です。詳しくは事務局までお問い合わせください。
お申込方法 @メール
kinan-tdc@nifty.com
A電話0597-85-2001
Bファックス0597-89-3210
結果 結果を見る

実施日
平成19年10月29日(月)
平成19年11月10日(土)
平成19年11月17日(土)
申込状況
終了
ツアー名
『筏師の道を歩く』
-熊野の集落を結ぶ、もう一つの古道-
主催者
熊野を楽しむ達人の会
内容 熊野の歴史文化を物語る上で山は切り離せない存在です。自然信仰や奥深い山を行場とする修験道、また重要な生活手段であった林業は、熊野の特異な地形に合わせてそれぞれの文化を形作ってきました。
今回は熊野の林業で重要な役割を果たした筏師にスポットをあてます。
筏師が通った道を3回に分けてその足跡をたどります。道中には集落跡、石仏、石畳の道、猪垣、棚田跡などが残り、当時の様子がうかがえる場面があります。峠を越え、時には川舟で川を渡りながら、筏師の道を歩いてみましょう。

山深い熊野では古くから林業が盛んで、多くの人々が木に関わる生活を営んできました。木が伐り出され、山から川を経て河口まで運ばれ私たちの生活の場に至るまでには、山と川の職人たちの活躍がありました。
まず山に入り木を伐り出す職人。どんな大木でも、どんな条件でも、木を倒す方向を自在に操る技が要求されました。次に伐り出された木材を山から川へと運び出す職人。斜面に木を凹状に組み、その上に木材を滑らせて運ぶ修羅(シュラ)とよばれる方法や、大量の木材を積み重ねた木馬(キンマ)を通す道を作り運び出す方法は共に大変な作業でした。

そして川の職人――筏師。川に集められた大量の木材を川下へと運ぶ筏師の仕事は「棹3年、櫂8年」と言われ、磨きぬかれた技と勇気を要求されるものでした。熊野川の支流、北山川流域では最盛期に500人以上の筏師がいたそうです。北山川流域の筏師は上乗り、中乗り、下乗りといった役割分担があり、中継をしながら河口の新宮へと木材を下しました。一般的には長さ4mほどの丸太を、5本から10本ほど横に並べ筏を作り(1床)、それを川の流れや幅によって8床から12床連結しました。その長さは約30メートル以上にもなります。筏師たちはこの長い筏の帯を巧みに操り、川を見事に下っていきました。

無事に中継地点や河口の新宮まで筏を流した筏師たちは、筏流しの道具である棹・櫂などを肩に、険しい山越えの道を徒歩で帰っていきました。まだ交通網が整備されていなかった頃、その道は集落を結ぶ生活の道として人々が行き来してきた道でもあります。
現在、電源開発のためのダム建設により筏流しは川から姿を消し、それと共に山越えの家路を急ぐ筏師の姿も見られなくなりましたが、今もその道はしっかりと残っています。
熊野の山と川の文化を感じながら、集落を結ぶ先人の道を歩きます。かつての熊野の山間部での暮らしが見えてくることでしょう。

第1回 10/29(月)
 桐原(三重県紀宝町)〜片川(三重県御浜町)〜矢ノ川(三重県熊野市紀和町)
筏師の道についての講座を聞いた後、十津川村方面の筏師が河口の新宮から帰った山道を約6時間かけて歩きます。道中には神社、茶屋跡、集落跡、棚田跡、猪垣などが残されています。
【案内人】:谷口昌宏氏(三重県南牟婁郡紀宝町)

第2回 11/10(土)
 小川口(三重県熊野市紀和町)〜嶋津(和歌山県新宮市熊野川町)
〜木津呂(三重県熊野市紀和町)〜田戸(奈良県十津川村)
前回の続きとして筏師の道をたどります。道中は川舟で2回ほど北山川を渡ります。その後、当時の筏宿のそばを通り、北山川左岸の山道を約1時間歩いて瀞(田戸)を目指します。
【案内人】:山川治雄氏(三重県熊野市)

第3回 11/17(土)
 田戸(奈良県十津川村)〜小松(和歌山県北山村)
山村の筏師が中継地点の瀞(田戸)まで筏を下した後に通った山道をたどります。集落跡や石積みされた道、吊り橋を通り、約4時間歩きます。最後に元筏師の方に会いに行きます。
【案内人】:中村 稔氏(三重県熊野市)
 
詳しい案内書はこちら⇒

【実施要領】
第1回 
桐原(三重県紀宝町)〜片川(三重県御浜町)〜矢ノ川(三重県熊野市紀和町)
■実施日
 平成19年10月29日(月)   雨天予備日:10月30日(火)
■集 合
 桐原生活改善センター(三重県南牟婁郡紀宝町桐原)
■行 程
 8:30 集合、オリエンテーション、講座「筏師の道」講師:川端守氏(三重県尾鷲市)
 
9:00 筏師の道歩行開始
10:00 風吹神社
11:30 桜茶屋跡
12:30 片川川原着、昼食
13:30 矢倉神社跡
15:00 矢ノ川着、ミーティング後、出発地点へ移動
15:30 解散
■ 参加費 
 
1,800円(国内旅行保険代、ガイド料など) 

第2回
小川口(三重県熊野市紀和町)〜嶋津(和歌山県新宮市熊野川町)
〜木津呂(三重県熊野市紀和町)〜田戸(奈良県十津川村)
■実施日
 平成19年11月10日(土)   雨天予備日:11月12日(月)
■集 合
 小川口マリーナ駐車場(三重県熊野市紀和町小川口)
■行 程
 9:00 集合、オリエンテーション
 9:15 川舟乗船、嶋津へ渡る
 
9:30 筏師の道歩行(嶋津)
10:10 川舟乗船、木津呂へ渡る
10:30 筏師の道歩行(木津呂)筏宿経由、田戸へ
12:30 田戸着、昼食
13:30 【帰路】川舟乗船、木津呂河原へ
14:00 木津呂へ歩行、ミーティング
15:00 出発地点へ移動、解散     
■参加費
 2,800円(国内旅行保険代、舟代、ガイド料など)

第3回
田戸(奈良県十津川村)〜小松(和歌山県北山村)
■実施日
 平成19年11月17日(土)   雨天予備日:11月19日(月)
■集 合
 小松入り口(和歌山県北山村小松 国道169号小松トンネル近く)
■行 程
 8:30 集合、オリエンテーション
 8:45 出発地点(田戸)まで移動
 
9:00 筏師の道歩行開始
10:30 東野集落跡
12:20 北山川河原着、昼食
13:30 小松入り口着、自家用車で紀和町小森へ移動
14:00 「元筏師の証言」北裏春己氏(三重県熊野市紀和町)
15:00 ミーティング後、解散
■参加費
 1,800円(国内旅行保険代、ガイド料など)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■募集人数
 
12名様 ※3回連続して参加できる方に限定させていただきます。
(お申し込み多数の場合は、10月26日(金)に抽選で決めさせていただきます。お二人で一緒に参加ご希望の場合は、グループで一人として抽選します。)
■お申し込み締切り
 
10月25日(木)必着
■服装
 昼食、飲み物、登山靴、雨具などハイキングに必要なものを各自ご用意下さい。
■ご注意
 
険しい山道を歩きますので危険が伴います。また上り下りの多い山道を約6時間歩く日もあります。健脚の方がご参加下さい。

 この企画は会員制の「熊野を楽しむ達人の会」規約に基づき、参加者が自己責任において任意で参加していただくものです。ガイドが安全確保しながら同行いたしますが、万一の事故には加入していただく国内旅行保険の範囲内で対処することにご同意の上、お申し込みください。

◇お申し込み方法
 この講座は「熊野を楽しむ達人の会」の会員のためのプログラムです。
 【会員の方】注意事項などをご確認の上、事務局まで郵便、ファックスまたはEメールで参加をお申し込みください。お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
 【会員でない方】「熊野を楽しむ達人の会」の会員登録が必要です。詳しくは事務局までお問い合わせください。

お申込方法 @メール
kinan-tdc@nifty.com
A電話0597-85-2001
Bファックス0597-89-3210
結果 結果を見る

実施日
平成19年9月5日(水)
申込状況
終了
ツアー名
『北山川探勝』
〜二人乗りカヌーでツーリング〜
主催者
熊野を楽しむ達人の会
内容  かつては木材搬出用の筏流しで賑わった北山川。川には荒々しい流れに棹一本で挑む筏師の姿がありました。その筏も昭和39年に姿を消し、現在の小松〜田戸間は限られた船でしか入れない秘境に、田戸より下流は観光ジェット船の行き交う川へと変わりました。

 今回はカヌー初心者の方にも北山川の流れと景観を楽しんでいただけるように、ガイド同乗の二人乗りカヌーで北山川へ漕ぎ出します。

 
荒々しく人を拒むような厳しさのある小松から田戸まで(上流の部)と、おおらかに人を包むような優しさのある田戸から小川口まで(下流の部)の2コースをご案内します。

 
どちらも北山川の中では人の気配の少ない静かな区間です。目線が限りなく水面に近いカヌーからの景色は、きっと日常から解放される特別な時間を過ごしていただけるものと思います。

 
上流の部では大きな瀬のある急流を、下流の部ではジェット船終航後の静かな北山川を満喫します。途中、穏やかな流れではお客様ご自身によるカヌー操作の体験もしていただけます。

詳しい案内書はこちら⇒

上流の部、下流の部の2コースに分けて募集します。(重複申込も受け付けますが、両コースとも参加の場合は、2時間程度の待ち時間があります。)

■実施日(両コースとも)
 9月5日(水) 荒天・異常流況時は9月7日(金)

【上流の部】
■集合
 田戸駐車場(奈良県十津川村田戸 瀞郵便局を過ぎてすぐ)
■行程
 
9:30 田戸集合 ミーティング、出発地点小松へ移動
10:00 出発地点小松 準備
10:15 川下り出発
11:30 立合川合流地点上陸、昼食
12:30 再出発 川下り
13:30 田戸着 ミーティング後、解散
■募集人数
 2名様 ※ガイド同乗の二人艇ですので、カヌー未経験の方も参加できます。
■参加費
 
8,400円(ガイド料、国内旅行保険代などを含みます。)
■持ち物
 昼食、飲み物は各自でご用意ください。

【下流の部】
■集合
 小川口マリーナ駐車場(三重県熊野市紀和町小川口 熊野市方面から、国道311号小川口交差点右折すぐ)
■行程
15:00 小川口集合 ミーティング、出発地点田戸へ移動
15:45 出発地点田戸 準備
16:00 川下り出発
18:30 小川口着 ミーティング後、解散
■募集人数
 2名様 ※ガイド同乗の二人艇ですので、カヌー未経験の方も参加できます。
■参加費
 
5,200円(ガイド料、国内旅行保険代などを含みます。)
■持ち物
 飲み物は各自でご用意ください。
■お申し込み締切り
 
8月28日(火)必着
(お申し込み多数の場合は、8月29日(水)に抽選で決めさせていただきます。お二人で一緒に参加ご希望の場合は、グループで一人として抽選します。)
■服装
 
ウール・ポリウレタン等、濡れても冷たさを感じにくい中着に防水性のある上着(綿製品は一切お召しにならないでください)、水遊び用の靴または踵の固定できるサンダル、眼鏡の方はメガネバンド
■ガイド
 市川 茂昭氏(三重県南牟婁郡御浜町)
 
野々下 聡氏(三重県南牟婁郡御浜町)
■ご注意
 
ベテランガイドが二人艇カヌーに同乗し操作をしますので、カヌーの経験が全くない方でもご参加いただけます。但し、転覆や衝突の可能性が皆無とは言えません。また落差の大きい瀬がありますので、水しぶきを浴びて必ず濡れます。ライフジャケットを着用するため泳げなくても大丈夫ですが、水に対する恐怖心の強い方は参加をご遠慮ください。

 
この企画は会員制の「熊野を楽しむ達人の会」規約に基づき、参加者が自己責任において任意で参加していただくものです。ガイドが安全確保しながら同行いたしますが、万一の事故には加入していただく国内旅行保険の範囲内で対処することにご同意の上、お申し込みください。

◇お申し込み方法
 
この講座は「熊野を楽しむ達人の会」の会員のためのプログラムです。
 
【会員の方】注意事項などをご確認の上、事務局まで郵便、ファックスまたはEメールで参加をお申し込みください。お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
 
【会員でない方】「熊野を楽しむ達人の会」の会員登録が必要です。詳しくは事務局までお問い合わせください。

お申込方法 @メール
kinan-tdc@nifty.com
A電話0597-85-2001
Bファックス0597-89-3210
結果

実施日
平成19年9月3日(月)
申込状況
終了
ツアー名
『続編 『行くぞ!夏の前鬼川』
〜限りなく美しい自然にふれる〜
主催者
熊野を楽しむ達人の会
内容  前鬼川は紀伊半島を縦断する大峰山脈に源を発しています。この川は今も自然の本来の姿が残っている秘境です。透き通った水の美しさは格別で息を飲むような景色が目に映ります。

 
この川は雨の少ない時期でも山からの湧き水が豊富なため、常に一定した水量を保っています。また、この湧き水は真夏でも10〜15℃と水温が低く川の水量が減ると、いっそう冷たくなる川とも言われています。

 
今回は8月4日に実施した『行くぞ!夏の前鬼川』とは別の場所を続編としてご案内いたします。前鬼川の様々な表情、まだまだ紹介したい素敵な場所を堪能する第2弾です。午前中は、遊歩道を通って日本の滝百選に選ばれている「不動七重の滝」に最も近づいて見られる展望台に行きます。午後からは、滝の上流部を遡行します。

 
去りがたい残暑のなか、前鬼川の透き通った涼しさを身に感じて一日を過ごしてみましょう。

詳しい案内書はこちら⇒

■実施日    
 
平成19年9月3日(月) 
■集合  
 
下北山村スポーツ公園駐車場(入り口の所)(奈良県吉野郡下北山村池原)
■行程    
 
8:30 集合
 
8:30〜 8:45 オリエンテーション、駐車場出発
 
9:15〜11:30 遊歩道を通り不動七重の滝の展望台へ行き、滝を眼前に見学
11:30〜12:10 前鬼駐車場着、谷に下りて昼食
12:20〜14:50 滝の上流を遡行
15:00 駐車場着、オリエンテーション
15:15 解散(川の水量や、移動にかかる時間により多少時間が前後します)
■雨天の場合 
 
小雨決行。降雨、増水などの場合は、翌日9月4日(火)に延期します。(9月4日のみ)
 
延期、中止の決定は前日(9月2日)の夕方に行い連絡いたします。   
■募集人数  
 
7名様(お申し込み多数の場合は8月29日に抽選で決めさせていただきます。お
 
二人以上で一緒に参加ご希望の場合は、グループで一人として抽選します。)
■お申し込み締め切り
 8月28日(火)
■参加費   
 
3,400円(沢登りガイド料、保険代)
■持ち物・準備 
 
水に濡れますので速乾性のある服装(Gパン不可)をお願いします。靴底がフェルトで出来た渓流靴、アユ足袋を必ずはいて下さい。虫除けスプレーや塩など。(ヒルがいます。)帽子、弁当、飲み物、手袋、着替えなどご自身に必要なもの。ヘルメットを持っている方はご持参してください。お持ちでない方は、こちらで用意いたします。   
■ガイド
 山川治雄氏(三重県熊野市)・中村稔氏(三重県熊野市)
■ご注意
 
川を遡る沢登りは石や岩の濡れている所、川の流れが速いところを渡ったり、岩場の登り降りなど大変滑り易く、危険を伴います。普段から山歩きの健脚コースなどを歩かれ、腕力、脚力に自信がある方向きのコースとなっております。経験の浅い方には参加をご遠慮いただく場合があります。今回のコースは腰から胸くらいまで水に浸かる所がありますので、必ず速乾性のある衣類を身につけてください。

 
この企画は会員制の「熊野を楽しむ達人の会」規約に基づき、参加者が自己責任において任意で参加していただくものです。万一の事故には加入していただく国内旅行保険の範囲内で対処いたしますことにご同意の上、お申し込みください。

◇お申し込み方法
 
この講座は「熊野を楽しむ達人の会」の会員のためのプログラムです。
 
【会員の方】注意事項などをご確認の上、事務局まで郵便、ファックスまたはEメールで参加をお申し込みください。お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
 
【会員でない方】「熊野を楽しむ達人の会」会員登録が必要です。詳しくは事務局までお気軽にお問合せください。
お申し込みをお待ちしています。

お申込方法 @メール
kinan-tdc@nifty.com
A電話0597-85-2001
Bファックス0597-89-3210
結果

実施日
平成19年9月2日(日)
申込状況
終了
ツアー名
『川舟船頭と過ごす夜の熊野川』
主催者
熊野を楽しむ達人の会
内容  川の世界遺産として登録されている紀州最大の川、熊野川。かつては熊野三山へ向う参詣者や物資を運ぶ熊野の生活の中心であった大河です。

 
この講座では熊野川流域で唯一となった川舟大工、谷上嘉一さんを訪ねます。谷上さんは幼少の頃から熊野川の川舟に親しみ、川を知り尽くした川舟船頭でもあります。谷上さんが子供の頃にはまだ道が整備されてなく、生活の手段として川舟が各戸にあったそうです。谷上さんの作る熊野川の川舟は船首の反り上がりが大きな特徴で、熊野川の激しい流れや10センチ余りの浅瀬でも対応できる独特の構造をしています。まずは谷上さん宅で川の恵みをいただきながら、かつての熊野川の様子や川との暮らしについてお話を伺いましょう。そして日が暮れる頃、川舟に乗り込みます。

 
今回、川舟で進むのは、夜の熊野川です。昼間と少し様子の違う川は、流域の人々にとって格好の漁場となります。昼間は隠れていた夜行性の生き物が岩場から出てきます。当日は、初めてでも親しみやすいエビかき(手長エビ捕り)が楽しめる、谷上さんとっておきの場所に案内していただきます。

 
夜の川風に秋の気配を感じながら、熊野川と共に生きる人々の文化にふれてみましょう。

詳しい案内書はこちら⇒

■実施日    
平成19年9月2日(日) 
■集合  
 
鮒田公園駐車場(三重県南牟婁郡鮒田 鮒田水門近く)
■行程    
 
17:00 集合、谷上さんのお宅(川舟工房)へ移動
 
17:10 川舟工房着
 
17:15〜18:15 軽食、谷上さんのお話
 
18:20〜18:30 川舟乗船場へ移動、乗船 
 
18:30〜20:00 エビかき(川えび捕り)
 
20:00〜20:10 乗船場着、解散
■雨天の場合 
 
降雨、増水などの場合は、9月8日(土)に延期します。(9月8日のみ)
 
延期、中止の決定は当日(9月2日)の午前中に行い連絡いたします。   
■募集人数  
 
6名様
 
(お申し込み多数の場合は8月29日に抽選で決めさせていただきます。お二人以上で一緒に参加ご希望の場合は、グループで一人として抽選します。)
■お申し込み締め切り
 8月28日(火)
■参加費   
 
2,500円(ガイド料、川舟乗船料、保険代)
■持ち物・準備 
 
踵が固定できるサンダル、長靴または濡れてもよい靴を履いてください。(足元が濡れる場合があります。)
 
ヘッドランプ(懐中電気とエビ網を持つと両手がふさがるため)、軽い食事(おにぎりなど)、虫除けスプレー等ご自身に必要なもの。エビ網はこちらでご用意いたします。  
■ガイド
 谷上嘉一氏(三重県南牟婁郡紀宝町) 
■ご注意
 
日が暮れてからの行動になりますので、各自が灯りを用意して下さい。川舟に乗り降りの際は、必ずガイドの谷上さんの指示に従い、足もとに十分ご注意ください。

 
この企画は会員制の「熊野を楽しむ達人の会」規約に基づき、参加者が自己責任において任意で参加していただくものです。万一の事故には加入していただく国内旅行保険の範囲内で対処いたしますことにご同意の上、お申し込みください。

◇お申し込み方法
 
この講座は「熊野を楽しむ達人の会」の会員のためのプログラムです。
 
【会員の方】注意事項などをご確認の上、事務局まで郵便、ファックスまたはEメールで参加をお申し込みください。お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
 
【会員でない方】「熊野を楽しむ達人の会」会員登録が必要です。詳しくは事務局までお気軽にお問合せください。
 
お申し込みをお待ちしています。
お申込方法 @メール
kinan-tdc@nifty.com
A電話0597-85-2001
Bファックス0597-89-3210
結果

実施日
平成19年8月5日(日)
申込状況
終了
ツアー名
『熊野川―三反帆の川舟に乗る』
〜風まかせの川旅〜
主催者
熊野を楽しむ達人の会
内容 三反帆と呼ばれる川舟は昭和30年代まで、熊野川で人や生活物資の運搬のために盛んに利用されていました。早朝に上流から下ってきた川舟は、帰路には熊野の海岸から吹く南風“まぜ”を帆に受けて、熊野川を遡って行きました。

風が止んだり、流れのきつい瀬では船頭は河原に降り、綱で川舟を引っ張って遡りました。その労力は並大抵のものではなかったと言われています。

時代の変化に伴い道路が整備され、物資の輸送は川の交通から陸上の交通へと次第に変わっていきました。また川舟には船外機が取り付けられるようになり、三反帆の利用も少なくなっていきました。

今回、案内をしてくださる荘司さん親子は幼少の頃より熊野川と共に生き、暮らしてきた川舟船頭です。エンジンを使わず、帆に風を受けて行けるところまで遡り、一日ゆったりと熊野川の風景を楽しみます。

かつて三反帆の川舟が行きかっていた頃のこと考えながら心地よい風に吹かれ、贅沢な時間を過ごしてみませんか。熊野川をこよなく愛する船頭が川の今昔について語ります。

詳しい案内書はこちら⇒

■実施日    
平成19年8月5日(日) 
■集合  
紀宝町役場分庁舎(旧紀宝町役場)駐車場(三重県南牟婁郡紀宝町成川)
■行程    
9:30  集合、オリエンテーション
10:00  紀宝町役場分庁舎前河原にて三反帆の川舟乗船
12:00頃 紀宝町北檜杖にて下船、トイレ休憩と昼食
13:00  川舟乗船、風まかせに行けるところまで遡ります。
15:00  川を下ります。
15:30〜16:00頃 紀宝町役場分庁舎前河原到着
オリエンテーション後解散
(多少時間が前後することがあります。ご了解ください。)
■雨天の場合 
 降雨、増水などの場合は、翌日8月6日(月)に延期します。(8月6日のみ)
 
延期、中止の決定は前日(8月4日)の夕方に行い連絡いたします。   
■募集人数  
 
10名様(お申し込み多数の場合は7月26日に抽選で決めさせていただきます。お
 
二人以上で一緒に参加ご希望の場合は、グループで一人として抽選します。)
■お申し込み締め切り
 7月25日(水)
■参加費   
 
4,400円(川舟乗船料、ガイド料、保険代)
■持ち物・準備 
 
動きやすい服装(必ず帽子をご用意ください)、昼食、飲み物、雨具(腰の下まで濡れないもの)、その他各自に必要なもの
■ガイド
 荘司 健氏(三重県南牟婁郡紀宝町)
 荘司準治氏(三重県南牟婁郡紀宝町)
■ご注意
 真夏の強い日差しの中、川舟に乗船しますので、熱射病などを予防するためにも十分に水分を取れるよう、飲み物と帽子を必ずご自身でご用意ください。

 
この企画は会員制の「熊野を楽しむ達人の会」規約に基づき、参加者が自己責任において任意で参加していただくものです。万一の事故には加入していただく国内旅行保険の範囲内で対処いたしますことにご同意の上、お申し込みください。

◇お申し込み方法
この講座は「熊野を楽しむ達人の会」の会員のためのプログラムです。
【会員の方】注意事項などをご確認の上、事務局まで郵便、ファックスまたはEメールで参加をお申し込みください。お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
【会員でない方】「熊野を楽しむ達人の会」の会員登録が必要です。詳しくは事務局までお問い合わせください。
お申込方法 @メール
kinan-tdc@nifty.com
A電話0597-85-2001
Bファックス0597-89-3210
結果

実施日
平成19年8月4日(土)
申込状況
終了
ツアー名
『行くぞ!夏の前鬼川』
〜限りなく美しい自然にふれる〜
主催者
熊野を楽しむ達人の会
内容 大自然の中に身を置くことで、私たちは様々な恩恵を受けていると気付かされます。今回の例会では、生きていくうえで最も大切な“水”を育む、とっておきの場所へご案内します。思わず息を飲むような澄みきった水、山々が織りなす深緑を堪能していただけるものと思います。

前鬼川は紀伊半島を縦断する大峰山脈に源を発しています。この川の水の美しさは格別で、深みや淵に湛えられた水はエメラルドグリーンに映り、川底までくっきりと見えます。渓谷の両岸は人を寄せ付けない岩壁が屹立し、いにしえから変わることのない究極の美しさが残り、まさに別天地です

前鬼川の下流部には、日本の滝百選に選ばれている「不動七重の滝」があります。ここを見学した後、前鬼川の遡行を始めます。白く大きな岩が無数に堆積するゴーロ地帯、100メートル以上ある滑らかな岩盤に水が流れるナメラ、そして轟音とともに水しぶきを上げる豪快な滝など、飽きることなく渓流ハイクが楽しめます。次から次へと変化する川景色にきっと魅了されることでしょう。

詳しい案内書はこちら⇒

■実施日
平成19年8月4日(土) 
■集合  
下北山村スポーツ公園駐車場(入り口の所)(奈良県吉野郡下北山村池原)
■行程
 
8:30       集合
 
8:40       駐車場出発、前鬼駐車場まで移動(途中、不動七重の滝を見ます)
 
9:10〜 9:30 挨拶、自己紹介、オリエンテーション
 
9:30〜12:30 前鬼駐車場下の川から垢離取場まで川を遡行します。(休憩は随時行います)
12:30〜13:10 昼食
13:10       垢離取場出発
14:10       前鬼宿坊到着、休憩
14:20〜14:50 前鬼宿坊出発から前鬼駐車場 
14:50       挨拶、オリエンテーション
15:00 解散
■雨天の場合 
 
小雨決行。降雨、増水などの場合は、8月7日(火)に延期します。(8月7日のみ)
 
延期、中止の決定は前日(8月3日)の夕方に行い連絡いたします。   
■募集人数  
 
10名様(お申し込み多数の場合は7月26日に抽選で決めさせていただきます。お
 
二人以上で一緒に参加ご希望の場合は、グループで一人として抽選します。)
■お申し込み締め切り
 7月25日(水)
■参加費   
 
4,400円(沢登りガイド料、保険代)
■持ち物・準備 
 
水に濡れますので速乾性のある服装(Gパン不可)をお願いします。
 
靴底がフェルトで出来た渓流靴、アユ足袋を必ずはいて下さい。虫除けスプレーや塩など。(ヒルがいます。)帽子、弁当、飲み物、手袋、着替えなどご自身に必要なもの。   
■ご注意
 
川を遡る沢登りは石や岩の濡れている所、川の流れが速いところを渡ったり、岩場の登り降りなど大変滑り易く、危険を伴います。普段から山歩きの健脚コースなどを歩かれ、腕力、脚力に自信がある方向きのコースとなっております。経験の浅い方には参加をご遠慮いただく場合があります。

 
この企画は会員制の「熊野を楽しむ達人の会」規約に基づき、参加者が自己責任において任意で参加していただくものです。万一の事故には加入していただく国内旅行保険の範囲内で対処いたしますことにご同意の上、お申し込みください。

◇お申し込み方法
この講座は「熊野を楽しむ達人の会」の会員のためのプログラムです。
【会員の方】注意事項などをご確認の上、事務局まで郵便、ファックスまたはEメールで参加をお申し込みください。お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
【会員でない方】「熊野を楽しむ達人の会」の会員登録が必要です。詳しくは事務局までお問い合わせください。
お申込方法 @メール
kinan-tdc@nifty.com
A電話0597-85-2001
Bファックス0597-89-3210
結果

実施日
平成19年6月30日(木)
申込状況
終了
ツアー名
『カヌーで行く、夕暮れの瀞峡(上瀞編)』
〜渓谷の絶景に身をゆだねる〜 
主催者
熊野を楽しむ達人の会
内容 瀞峡のある北山川は大台、大峰山系に源を発し、三重、奈良、和歌山をまたがり熊野川へ出会います。瀞峡は下流から下瀞、上瀞、奥瀞と呼ばれ、下瀞から上瀞までの瀞八丁は、吉野熊野国立公園の特別保護区域に指定されています。瀞峡の渓谷は太古の昔、滝が岩を少しずつ削り、滝壷が後退し作られていったと言われ両岸が断崖絶壁となり、その川面はゆったりと水を湛えています。

今回は観光ジェット船が就航を終えた夕方、瀞峡本来の静寂が戻った上瀞と下瀞にカヌーで繰り出します。原始の姿が今も留められている自然そのものの瀞峡に身をおいてみると、神秘的な美しさを感じさせられます。深く澱む淵へ近づいたり、水面に最も近い目線から岩肌を眺めたり、陸からでは見えない景色が自分のペースで楽しめるのもカヌーの魅力のひとつでしょう。

熊野の自然が織り成す雄大な瀞峡を堪能し、カヌーでしか味わえない時間の流れを感じてみてください。

詳しい案内書はこちら⇒

■実施日
 6月30日(土)
■集合
 田戸駐車場(奈良県十津川村田戸、瀞郵便局を過ぎた下方に駐車場あり)
■行程
14:00 田戸集合 ミーティング 準備
14:30 田戸発 瀞八丁カヌー漕ぎ上がり
15:30 上陸(ジェット船終点の上の瀬、田戸より約1km)、休憩
16:30 再出発 川下り
18:30 玉置口着 ミーティング後、解散
■募集人数
 5名様(お申込み多数の場合は6月17日に抽選で決めさせていただきます。お二人以上で一緒に参加ご希望の場合はグループで一人として抽選します。)
■お申込み締切り
 
6月16日(土)必着
■参加費
 
5,800円(保険代を含みます。)
■装備
 ・服装:ウール・ポリウレタン等、化学繊維のドライ使用で濡れても冷たさを感じにくいTシャツやズボン等。
 夕方の冷気に備え、防水性のある上着(綿製品は一切お召しにならないでください)
 ・足元:かかとの固定できるサンダルか水遊び用の靴、あるいはスニーカーを必ず着用してください。
 ・眼鏡の方は、メガネバンドを使用してください。
 ・艇、パドル、ヘルメット、ライフジャケットはこちらでご用意いたします。
■持ち物
 着替え一式、飲み物、その他各自必要なもの。
■悪条件の場合
 小雨の場合は予定どおり開催します。
 
悪天候、河川の増水などの場合は、7月7日(土)に延期します。
■ガイド
 
市川茂昭氏 (南牟婁郡御浜町在住)三重・紀南エコツーリズム ガイド
 
田口隆二氏 (田辺市本宮町在住)熊野エコ・グリーンツーリズム研究会会員
■ご注意
 
初めてカヌーに乗る方でもご参加いただけます。カヌーを引きあげるときに足場の悪い河原を歩きます。コース中、難易度の高い瀬はありません。しかし転覆や衝突などの危険があり、カヌーの特性上必ず濡れます。ライフジャケットを着用するため泳げなくても大丈夫ですが、水に対する恐怖心の強い方は参加をご遠慮ください。

この企画は会員制の「熊野を楽しむ達人の会」規約に基づき、参加者が自己責任において任意で参加していただくものです。ガイドが安全確保しながら指導いたしますが、万一の事故には加入していただく国内旅行保険の範囲内で対処することにご同意の上、お申し込みください。

◇お申し込み方法
この講座は「熊野を楽しむ達人の会」の会員のためのプログラムです。
【会員の方】注意事項などをご確認の上、事務局まで郵便、ファックスまたはEメールで参加をお申し込みください。お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
【会員でない方】「熊野を楽しむ達人の会」の会員登録が必要です。詳しくは事務局までお問い合わせください。
お申込方法 @メール
kinan-tdc@nifty.com
A電話0597-85-2001
Bファックス0597-89-3210
結果 結果を見る

実施日 平成19年5月24日(木)
申込状況
終了
ツアー名 『熊野川 カヌー小旅行』  主催者
熊野を楽しむ達人の会
内容 紀伊半島の山々から流れ出す豊かな水を運び続ける熊野川。普段はなにげなく通り過ぎてしまっているこの豊かな自然にもっと深く近づく旅に出かけましょう。

今回は熊野川の自然を独り占めするためにカヌーに乗り込み、河口近くまでの約10kmを自分の力でゆっくりと下ります。カヌーには見慣れたはずの風景をドラマチックな旅に変えてしまう力があります。川面を渡る風を感じ、山の緑を仰ぎ見ながら、自然と一体となる感動を共感したいと思います。

鮎漁解禁前の平日、人影のまばらな日を選んで川へ漕ぎ出します。行く手をさえぎるもののほとんど無い、熊野川の雄大な流れを存分に楽しんでください。

詳しい案内書はこちら⇒

■実施日
 5月24日(木) 荒天・異常流況時は5月30日(水)
■集合
 鮒田公園駐車場(三重県南牟婁郡紀宝町鮒田 鮒田水門近く)
■行程
 
9:00 鮒田公園駐車場集合、ミーティング
      ※カヌーに乗れる服装でお集まりください。着替えを伴走車に積み込みます。
 
9:30 浅里飛雪の滝着
      カヌーを下ろし、流れのない所で練習
10:30 川下りに出発
12:30 河原にて昼食
13:30 再出発 途中随時休憩
16:00 鮒田公園前河原着
      カヌーを引き上げて解散
     (風向きや流況などにより、多少時間が前後することがあります)
■募集人数
 6名様 ※カヌー未経験の方も参加できます。
(お申し込み多数の場合は、5月14日(月)に抽選で決めさせていただきます。お二人以上で一緒に参加ご希望の場合、グループで一人として抽選します。)
■お申し込み締切り
 5月13日(日)必着
■参加費
 
6800円(ガイド料、国内旅行保険代などを含みます。)
■服装
 
ウール・ポリウレタン等、濡れても冷たさを感じにくい中着に防水性のある上着(綿製品は一切お召しにならないでください)、水遊び用の靴または踵の固定できるサンダル、メガネの方はメガネバンド
(艇、パドル、ライフジャケット、ヘルメットはご用意いたします。)
■持ち物
 昼食、飲み物は各自でご用意ください。
■ガイド
 市川 茂昭(三重県南牟婁郡御浜町)
 
野々下 聡(三重県南牟婁郡御浜町)
■ご注意
 
コース中、難易度の高い瀬はありませんが、転覆や衝突などの危険があり、カヌーの特性上必ず濡れます。ライフジャケットを着用するため泳げなくても大丈夫ですが、水に対する恐怖心の強い方は参加を御遠慮ください。

この企画は会員制の「熊野を楽しむ達人の会」規約に基づき、参加者が自己責任において任意で参加していただくものです。ガイドが安全確保しながら指導いたしますが、万一の事故には加入していただく国内旅行保険の範囲内で対処することにご同意の上、お申し込みください。

◇お申し込み方法
この講座は「熊野を楽しむ達人の会」の会員のためのプログラムです。
【会員の方】注意事項などをご確認の上、事務局まで郵便、ファックスまたはEメールで参加をお申し込みください。お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
【会員でない方】「熊野を楽しむ達人の会」の会員登録が必要です。詳しくは事務局までお問い合わせください。
お申込方法 @メール
kinan-tdc@nifty.com
A電話0597-85-2001
Bファックス0597-89-3210
結果 結果を見る

実施日 平成19年5月19日(土)
申込状況
終了
ツアー名 『立間戸谷の絶景』 
 〜新緑に包まれた三つの滝と屏風岩を巡る〜
主催者
熊野を楽しむ達人の会
内容 立間戸谷は熊野川の左岸、三重県熊野市紀和町下和気にあります。この谷の周辺の山々は急峻で岩壁が切り立っており、源より熊野川に流れ出す支流の谷はわずかな距離で熊野川に流れ下るため、数々の滝を作っています。

立間戸谷にはいくつかの滝があります。今回は源助滝から牛鬼滝を経て、柱状節理の岩壁が立ちはだかり、覆いかぶさって来る様な屏風滝と屏風岩を目指します。

登山道は谷を渡ったり、重なり合った巨岩の下をくぐり抜けたり、岩壁につけられた道の歩行など、変化があり気の抜けないコースです。
普段から登山をされている方の参加をお待ちしています。

詳しい案内書はこちら⇒

■日時      
 
平成19年5月19日(土) 
■集合      
 
熊野川町道の駅「瀞峡街道・熊野川」駐車場(和歌山県新宮市 国道168号線沿い)      
■行程       
 
9:00〜 9:15 集合・オリエンテーション
 
9:15〜 9:30 道の駅発(各自、車で移動)登山口着
 
9:30〜12:30 立間戸谷歩行(源助の滝、牛鬼滝、屏風滝、屏風岩)
12:30〜13:10 屏風滝にて昼食
13:10〜15:10 下山
15:15〜15:30 ミーティング後、解散 (歩く速度などにより、時間が前後することがあります)
■募集人数    
 
12名様
(お申し込み多数の場合は、5月6日に抽選で決めさせていただきます。お二人以上で一緒に参加ご希望の場合は、グループで一人として抽選します。)
■お申し込み締切り
 5月5日(土・祝)
■参加費     
 
3,300円(ガイド料、保険代など)
■持ち物・準備
 昼食、飲み物、登山靴、雨具、軍手、替えの靴下やストックなど各自必要なものをご準備下さい。
■雨天の場合   
 
雨天の場合は平成19年5月21日(月)に延期します。(5月21日のみ)
 
催行・中止の決定は前日に行います。
■ガイド     
 
山川治雄(三重県熊野市)・中村稔(三重県熊野市)
■参加いただける方
 
登山道は登り下りともきつく、約5時間余の歩行になります。普段から山歩きの健脚コースなどを歩かれ、脚力、腕力、体力に自信がある方向きのコースとなっております。経験の浅い方は参加をご遠慮いただきます。
■ご注意
 
このコースは谷を幾度か渡り、濡れた石や岩の上を歩きます。また濡れていなくても滑りやすいところが多いため、必ず登山靴を履いて下さい。岩場の登り下りや道のない急斜面の移動もありますので大変危険を伴います。

この企画は、会員制の「熊野を楽しむ達人の会」規約に基づき、参加者が自己責任において任意で参加していただくものです。万一の事故には加入していただく国内旅行保険の範囲内で対処しますが、保険の範囲外での責任は負いません。ご同意の上、お申し込みください。

◇お申し込み方法
この講座は「熊野を楽しむ達人の会」の会員のためのプログラムです。
【会員の方】注意事項などをご確認の上、事務局まで郵便、ファックスまたはEメールで参加をお申し込みください。お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
【会員でない方】「熊野を楽しむ達人の会」の会員登録が必要です。詳しくは事務局までお問い合わせください。

お申込方法 @メール
kinan-tdc@nifty.com
A電話0597-85-2001
Bファックス0597-89-3210
結果 結果を見る

実施日 平成19年4月10日(火)
申込状況
終了
ツアー名 『あなたに見せたい熊野』 〜春の瀞八丁を訪ねる〜 主催者
熊野を楽しむ達人の会
内容 三重と奈良、和歌山の3県を流れる熊野川水系の支流、北山川。瀞峡と呼ばれるこの川は、急流により侵食され、谷の断面がV字形をなし、両岸が断崖となった深い渓谷が続いています。この瀞峡の中で、田戸(奈良県十津川村)から玉置口(和歌山県新宮市熊野川町)までの間、約1.2qの景観が大変美しいことから、「瀞八丁」と呼ばれています。

当日は、野鳥との出会いを楽しんだり、山あいの桜を見つけたりしながら山道を歩き、瀞八丁の両岸を周回します。
最後は、小船で春の瀞八丁を遊覧します。瀞八丁の中央付近では、小船だけが行くことのできる場所へ降りて、静かな自然の中に身をゆだねて春を感じたいと思います。

瀞八丁とその周辺は、季節によって違う姿を見せてくれます。この春、『あなたに見せたい熊野』の一つです

詳しい案内書はこちら⇒

■実施日
 平成19年4月10日(火) 
■集合
 B&G紀和海洋センター 駐車場(三重県熊野市紀和町板屋) 
■行程
 
8:00〜 8:15 集合、オリエンテーション
 
8:15〜 8:30 出発地点まで移動
 
8:30〜 9:50 近畿自然歩道歩行(木津呂〜山彦橋〜田戸) 
 
9:50〜10:30 川原(田戸)で休憩、瀞峡の昔話
10:30〜12:00 近畿自然歩道歩行(田戸〜「瀞の里」)
12:00〜12:30 昼食
12:30〜13:00 「瀞の里」出発、玉置口まで歩行
13:10〜13:55 小船で瀞峡めぐり(第1便)後、対岸の川原へ
13:30〜14:15 小船で瀞峡めぐり(第2便)後、対岸の川原へ
                          (自由散策の時間をとります。)
14:15〜14:40 川原から出発地点まで歩行
14:40〜14:50 出発地点到着、ミーティング
14:50〜15:00ころ 集合場所まで移動、解散
(歩く速度などにより、多少時間が前後することがあります。)
■募集人数
 12名様
(お申し込み多数の場合は、4月8日に抽選で決めさせていただきます。お二人以上で一緒に参加ご希望の場合は、グループで一人として抽選します。)
■お申し込み締切り
 4月7日(土)必着
■参加費
3,000円(国内旅行保険代・舟代・ガイド料)
■持ち物
 昼食、飲み物、雨具など各自必要なものをご用意ください。歩きやすい服装、登山用の靴でご参加ください。
■天候
 雨天の場合 4月12日に延期します。(4月12日のみ)
催行・中止の決定は前日に行います。
■ガイド
 山川治雄(三重県熊野市)、中村稔(三重県熊野市)
■ご注意
山道は健脚コースとなっており、道幅の狭い場所や登り下りの急な場所があり、転倒や落石の事故が発生することがあります。山道を約4時間以上歩くことのできる健脚である方がご参加ください。

この企画は、会員制の「熊野を楽しむ達人の会」規約に基づき、参加者が自己責任において任意で参加していただくものです。万一の事故には加入していただく国内旅行保険の範囲内で対処しますが、保険の範囲外での責任は負いません。ご同意の上、お申し込みください。

◇お申し込み方法
この講座は「熊野を楽しむ達人の会」の会員のためのプログラムです。
【会員の方】注意事項などをご確認の上、事務局まで郵便、ファックスまたはEメールで参加をお申し込みください。お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
【会員でない方】「熊野を楽しむ達人の会」の会員登録が必要です。詳しくは事務局までお問い合わせください。

お申込方法 @メール
kinan-tdc@nifty.com
A電話0597-85-2001
Bファックス0597-89-3210
結果
結果を見る

三重・紀南
エコツーリズム
通信
三重・紀南
エコツーリズム

Web通信
常設ツアー
熊野川・北山川
カヌーツーリング
常設ツアー
熊野川町嶋津の
山歩き
木本 街歩き
地域の方による街案内
紀南ツアーデザイン
センター

ご連絡ください
季節植物
日記
神仏あれこれ
熊野
facebook